今日24日をもって、開智高校2015年度生の入学試験が無事終了しました。
 交通トラブルや試験進行上のトラブルもなく、無事に3日間の日程を終えることができました。
 受験生のみなさん、お疲れ様でした。

 開智高校の入試ではよりハイレベルな類型への合格や、よりランクの高い特待生での合格を目指して、多くの受験生が3日間とも受験をします。
(複数回受験した場合、最も実力が発揮できた回の成績を判定材料とするためです。)

 学校の定期考査でさえも3日間の連続試験は相当疲れるものです。
 今回はそれが入学試験でしたから、疲れ切ってしまったことでしょうね。
 まずは、少し頭を休めてください。そして、この後にも続く他の入試でも、ぜひ実力を発揮してきてください。

 合格発表は、明日25日、午後3時に校内掲示とHPとで行う予定です。

******************************************************************************

 高校入試が終わると、いよいよ開智生の大学入試が本格化します。
 今日も夜まで3年の担任は生徒や保護者の方と、センター試験の結果を受けての個別面談を行っていました。
 私立大学への出願は、センター利用入試を含めて、ほぼセンター試験前に終わっていますので、ここでの面談のテーマは国公立大学(前期・後期)の出願となります。あと10日ほどで出願が締め切られますので、あわただしい面談となります。

 学校の授業は、26日から「直前講習B期・C期」がスタートします。ここではターゲット大学を絞った講座が展開されます。
 この時期は、多くの教員が1・2年生の通常授業を担当しながら3年生の講座も担当するため、教材の準備が大変なのですが、生徒に「最後の最後まできっちりとどめを刺す学習」をしてもらえるよう、全力で指導していきます。

 3年生のみなさん、受験は試験会場に行って初めて成立します。ですからまずは体調管理。そして次に志です。
 残り2カ月を一気に走り抜けていこう!