京都の二日目。約束の時間にH高校に向かうと、折からの台風15号の影響で、
急遽、本日は午前中授業になったとのこと。授業見学等のスケジュールも一部
変更しての実施となりました。
担当のN先生は朝から授業交換や会場設営等に走り回られたご様子です。
N先生、ありがとうございました。

さて、変更後のスケジュールですが、
3時間目 1年生の『論理エンジン』授業参観
4時間目~ 1年生に対する授業・講演
午後 研究協議会
となりました。

まず、3時間目の授業です。担当されるのはU先生。
生徒は40名強。生徒の身なりも爽やかで、整然とした授業規律が確立されたクラスです。
OS2レベル11(指示語)の指導が始まりました。
ほとんどの生徒は指示語という言葉は知っており、それが意味することも十分承知して
いますが、「感覚的に」理解していた内容を『論理エンジン』に従って、意図的に理解して
いきます。各ステップの問題に取り組ませながら、それぞれの問題における着眼点を
U先生が的確に指示していきます。生徒たちも今までは感覚的にアプローチしていた
指示語の問題に論理的な裏付けがなされたことにより、先生の説明にうなづきながら、
授業を受けていました。

BlogPaintBlogPaint

4時間目は大教室に移動して、『論理エンジン』の学習の目的や、現代文の学習法
などについて話をさせていただきました。
どの生徒も真剣な表情で聞いてくれています。
外部から来た教員ということで、やや表情の硬さも見られたため、途中からは
「学びあい」を取り入れてみました。
「学びあい」には慣れていないようで、最初は戸惑っている様子でしたが、あっという間に
雰囲気をつかみ、私が与えたテーマや課題について積極的に話し合ってくれました。
マイクを預けての意見発表などもしっかりと行っており、生徒たちの環境順応力に
舌を巻くとともに、潜在的な能力の高さも感じさせられました。

CIMG1944

講演会後には多くの生徒たちが質問に残ってくれました。
『論理エンジン』の学習の仕方や、現代文の勉強をこれからどうしていったらよいかなど、
いろいろな質問を持ってきてくれて、20分以上教室に戻るのが遅れてしまった生徒も
出してしまいました。(生徒のみなさん、ごめんなさい!)
どこの高校でも生徒の多くは現代文の学習方法に不安があるのだなあと
改めて実感もしました。

CIMG1950CIMG1948

午後の研究協議会には、国語科の先生だけでなく、数学科や理科の線背なども
多数参加され、『論理エンジン』で鍛えた論理力をそれぞれの強化でどのように
活かしていくのか、といった点などについてもいろいろと意見交換をすることができました。
開智高校でもさっそく取り入れてみたいプランなども出され、非常に有意義な
研究協議会となりました。

H高校の先生方、大変お世話になりました。


さて、明日は松江に移動して、M高校でお話をさせていただく予定です。
台風の影響で新幹線が遅れないことを祈るばかりです…