秋期独習合宿のAタームが終了しました。

開智学園では校地内にある宿泊研修棟を使って、総合部の小学生から
高等部の高校生までが、勉強合宿や部活動・委員会活動の合宿を
年間を通じて行っています。

2学期は高等部が優先的に使える期間となっており、口火を切って
S類1・2年生の男子の約半数が独習合宿を行いました。
9月5日(月)~7日(水)までの2泊3日です。

BlogPaint

この合宿の特徴は、日中は通常の学校生活を送るところにあります。

S類では春と夏に箱根や熱海で勉強合宿を行っているのですが、
これらの合宿は日常生活から離れて「至高の学習体験をする」ことを
目的としています。
それに対して秋期合宿は「日常生活の中での自己学習の点検」が
ポイントになっています。
家に帰ってしまうと学習の自己管理がうまくできない生徒も、友人たちと
空間・時間を共にすることによって刺激しあい、学習の自己管理のコツを
学んでいくようです。

BlogPaintBlogPaint

食事は学食です。
1年生の中には、この合宿で初めて食堂に足を踏み入れた生徒もいたようです。
学食は2階建てで、1階がメイン食堂、2階は購買部と、集会もできる多目的スペースに
なっています。

BlogPaintBlogPaint

最終日は朝の登校前に閉講式を行います。
閉講式後はいつもと同じようにHR教室へ向かい、一日の学校生活が始まります。

BlogPaint


明日、8日からはBタームが始まります。
S類1・2年生男子の残り半分の生徒が、大きな荷物を持って登校します。

明日は天気も良いようなので、傘を差して、大きな荷物を持って…ということには
ならずに済みそうです!