2017訪問研修

京都の中高一貫校での訪問研修を行ってきました。

今回の研修は「授業参観+研究協議会」という形式で行いました。
通常の研修は先生方を対象とした「セミナー形式」が多いのですが、
今回は、より踏み込んで「具体的な実践力をつけるために、授業そのものを
取り上げたい」とのご提案です。

埼玉からの日帰りとなるため、午後の授業を2コマ見せていただきました。
実施学年は中学1年生と2年生です。
私は高校生を指導しているため、今回の研修は、中学生が『論理エンジン』を
どのように学んでいるのかを知ることができる、私自身の研修にもなりました。

研究協議会では、授業の進め方を点検するとともに、これからのシラバス、
『論理エンジン』の、どのレベルの、どのステップを扱うか。その場合の
指導上の留意点などを細かく点検することができました。
すべての問題に取り組むのではなく、目的をもって「取り組まない」問題を
選定することの大切さもわかっていただけたようです。

研修に参加された先生方、大変にお疲れさまでした。
授業を他人に見られることは、教師にとってプレッシャーですが、あえて
そこから指導法を見直そうとされるその姿勢に感服いたしました。

これからもお手伝いできることがあれば、参上させてください。

::::::::::::::::::

2週間後は愛媛県の松山で講演を行います。
多くの先生方のご来場を、お待ちしております。

5月が終わります

今年は例年になく暑い日が続き、5月というのに文化祭の準備に励む生徒たちに
熱中症への注意を促す日々です。

今年度も私が担当している1年生の現代文授業は火曜日の3・4時間目連続コマで
セットしてもらっています。
実は火曜日というのは本校において「授業がつぶれにくい曜日」であり、現代文は
2単位授業であるため、配慮してもらっているのです。
今月末まででは約7週間の授業日がありましたが、その間にはGWや中間考査も
あったため、実質は5週間、現代文の授業時間にして10時間程度しかできていません。
そのため、現時点での進捗状況は以下のような状態になっています。

  『論理エンジン』 ・・・ OS1 終了
  教科書 ・・・ 「水の東西」 終了
  『思考ルート』 ・・・ 序章~第2章「説明的文章の読解」『水の東西』

毎回の授業では「マイコン」に20分前後は使ってしまうため、教材の進度は
遅れがちです。

来週からは、教科書・『思考ルート』ともに『羅生門』に入ります。
プロフィール

2000年度より開智学園の教育理念を具現化するための新教育システムの構築に取り組み、2005年度に「S類」をスタートさせる。独自に開発した【S類メソッド】の柱の一つに『論理エンジン』を位置づけ、3つの力(論理的思考力、判断力、表現力)の総合体としての「智力」の育成に大きな成果を上げている。また、独自の理論に基づく「ソーシャル・スキルの育成」も人間力の向上に大きな効果をもたらしている。 趣味はギター。

カテゴリ