大村先生を囲む会

 今年度は論理エンジンにかかわることだけをここに書くつもりでしたが、あまりにもワンパターンになってしまったので、今までのように学校での話題なども取り上げてみます。

 今日は、今年のノーベル賞の受賞式が行われていますが、ちょうど1年前の今日、われわれ開智学園の名誉学園長である大村智先生がノーベル生理学医学賞を受賞されました。
 本校が学校名にも法人名にも使っている「開智」というのは、他ならぬ大村先生の名づけによるもので、そこには「学びの本質は智を開くことにある」という大村先生の思いがこめられています。
 そして開智学園では2001年度に「大村賞」を創設し、開智での学校生活を通じて優れた学びを実践した生徒を卒業にあたって表彰しています。
 この「大村賞」は、学業が優秀であるだけでなく、探究的な学びを実践し、将来にわたって社会に貢献していくことを志している生徒に授与されます。
 
 ノーベル賞の受賞から1年たった今でも多忙を極めていらっしゃる大村先生ですが、今日は今までの大村賞受賞者のために時間を作ってくださいました。

 北里大学薬学部で先生の研究室を拝見し、その後、隣接の北里研究所病院のカフェテリアに場所を移しての会食です。
 会には大村先生をはじめ大村先生の弟でいらっしゃる大村泰三博士もご参加くださいました。

 冒頭で開智学園理事長よりお礼を述べさせていただき、続いて大村先生からお話を頂戴いたしました。

 
CIMG0503CIMG0510

 歴代の大村賞受賞者も多くは社会人あるいは研究者となっており、海外勤務のものも多いため、全員が出席することはできませんでしたが、現在はまだ学生である世代を中心に集まりました。

BlogPaintBlogPaint

 医学、薬学の最前線で活躍している者、物理学や情報工学の分野で研究を行っている者、大学・大学院での研究を存分に生かし、企業での研究開発にあたっている者など、みな 多彩な分野の第一線で活躍しています。

 その後は、大村賞受賞者個々にお声掛けくださいました。


 BlogPaintBlogPaint

 ノーベル賞を受賞するほどの功績を積まれて先生から、現在の自分の研究や仕事について直接コメントをいただけることなど、人生の中でそうそうあることではありません。卒業生諸君にとって非常に貴重で、とても刺激的な時間となったようです。

BlogPaint


 今回の会とは別に、10月に本校の1年生は大村先生のご講演を聞かせていただいています。
 身近に世界的な研究者であり、社会貢献の実践者である先生がいらっしゃることは、卒業生にとっても在校生にとっても得がたい環境です。
 私たち教師も、大村先生に続く人材を育成するために、開智の教育をいっそう進めていかなければならないと強く実感した一日でした。

久しぶりの更新です

すっかり更新が滞ってしまいました。

10月はディベート一色の1ヵ月でしたが、ディベートはボリュームがありすぎ、
ブログに載せるのに手間取っているうちに、時間ばかりがたってしまいました。

ディベートは10月中に終了し、11月は『時間と自由の関係について』を取り上げ、
あわせてOS2が終了しました。

その後は新書をテキストとした授業になっています。
先週の授業では『詭弁論理学』(野崎昭弘著 中公新書)を取り上げ、
今週の授業からは『時間のパラドックス』(中村秀吉著 中公新書)を読み進めて
います。

相変わらず「マイコン」は毎回行っており、生徒の発表力は確実に向上しています。

また、近いうちに更新します。

プロフィール

2000年度より開智学園の教育理念を具現化するための新教育システムの構築に取り組み、2005年度に「S類」をスタートさせる。独自に開発した【S類メソッド】の柱の一つに『論理エンジン』を位置づけ、3つの力(論理的思考力、判断力、表現力)の総合体としての「智力」の育成に大きな成果を上げている。また、独自の理論に基づく「ソーシャル・スキルの育成」も人間力の向上に大きな効果をもたらしている。 趣味はギター。

カテゴリ